• ホーム
  • 性病の治療薬は事前に準備しよう

性病の治療薬は事前に準備しよう

2019年11月25日

さまざまな性病がありますが、一般的にクリニックにおける治療は抗生物質などの治療薬を利用します。
主に飲み薬による治療で医師から処方されますが、治療スタートから完治するまでだいたい3~4週間かかるでしょう。
中には1回飲むだけで完了する治療薬もあるので便利です。
服用してから3週間後ぐらいに検査を行い、菌が検出されなければ完了します。
もし菌が残っているなら別の抗生物質などに切り替え、再度治療を行うことになるでしょう。
その場合は完治するまで数週間延びることになります。

性病になる原因として病原性微生物などがあり、細菌やカビ・ウイルスなどが身体の中に入りそれによって炎症を引き起こすのです。
細菌やカビ・ウイルスなどが身体に入り込んでも、いつでも感染症にはなるとは限りません。
疲れや体調不良から免疫力が弱くなると細菌の感染力が強くなり、その結果感染されてしまいます。
このような感染症の場合アモキシシリンを利用することが可能です。
これはペニシリン系で殺菌によって症状を改善することができます。
さまざまな病気の原因が感染の場合アモキシシリンを広く使うことができ、子供が使っても無害なので安全・安心な薬です。

テトラサイクリン系抗生物質を利用することもあり、他の治療薬を服用できない人や他の治療薬でも効果が出なかった人によく処方されています。
妊婦の人には処方できないので注意が必要です。
性病治療で処方されるテトラサイクリン系の抗生物質はいくつかあり、ミノサイクリン(ミノマイシン)などがあげられます。
ミノサイクリンはよく利用されていて、幅広い世代の人が利用している薬です。
性病の治療中は感染対策を行うことが大事で、きちんと感染対策を行わないと再感染する恐れがあります。
治療中は特にパートナーへの感染に注意が必要で、薬を飲んでいても菌が死滅するとは限りません。
完治するまではパートナーとの性行為を禁止することをおすすめします。

性病の治療薬を準備しておくメリット

性病の治療薬は処方された本人以外服用しないよう注意が必要となります。
なぜなら、抗生物質はその人によって最適な薬が異なるためです。
例えばパートナーと診療を受けたとしても、別の治療薬を処方される場合があります。
薬を飲むと症状がなくなることもありますが、用量・用法をきちんと守り最後まで飲むことが大切です。

症状がなくても菌がいることがあり、途中でやめると薬の効果を十分得ることができないケースもあるでしょう。
飲み終えてから症状が改善されないなら、薬の効果が出なかったり耐性菌という可能性もあります。
複数回投与タイプの薬を飲み忘れていると効果が不十分であり、病院で再診をすることになります。
治療薬は発疹や頭痛、めまいや消化器障害などの副作用が出ることがあり、副作用が強く出た場合は医師に相談することをおすすめします。

性病治療において欠かせないのが服薬した後の検査です。
薬がきちんと効いているかチェックすることができ、菌がいても無症状の場合が多いので自己判断だけでは菌の有無をチェックすることができません。
自然治癒するものではないので、菌が少しでも残っていると再び増殖する可能性があります。
再発することもあるので、治療薬を飲んだ後で検査をすると安心・安全です。
検査で菌が検出されなければ治療は完了です。
検出されると別の薬に切り替え治療を再スタートします。

気が付いたら性病になっていたという人も多くいるかと思います。
性病はいつなるか分からない病気なので、万が一に備えて治療薬を事前に入手しておくのも良いでしょう。
最近ではインターネット通販を利用して個人輸入サイトから医薬品を入手することが可能です。
いろいろな薬剤を注文することができ、性病薬や抗生物質などを購入することができます。
ネット通販を利用して事前に購入しておくことで備えになります。
中には偽物や品質の悪いものを売っている個人輸入サイトもあるので、信頼できるサイトを選ぶことが大事です。